月岡温泉 美肌の湯 ホテルニューあけぼの

チェックイン日付



大人 名様/1室

 » 周辺地域
周辺地域
  • 周辺観光トップ
  • 月岡温泉
  • 周辺地域
  • イベント情報

新潟・新発田など周辺地域の観光

※拡大・縮小は地図上の「+」「-」の目盛りで可能です。マウスで地図をドラッグできます。

歴史・文化

施設イメージ

市島邸(新潟県指定文化財)

福島潟などの開発で、北越屈指の豪農となった市島家建物は戊辰戦争後に造営した気品と格調がただよう造りになっており、1962年3月、市島邸の十二棟一構が新潟県文化財に指定されました。

  • ◆入園料/大人600円(団体 540円)、小・中学生300円(団体 250円)
  • ◆開園時間/9:00~17:00(12月~3月は9:00~16:30)
  • ◆休館日/水曜日、年末年始
公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

市島酒造酒蔵見学

江戸時代に城下町・新発田において酒造りを始めた「市島酒造」。現在は七代目が伝統ある蔵の歴史を受け継いで、「王紋」をはじめとする30種に及ぶ酒が造られています。

  • ◆入場料/無料 ※団体は要事前連絡
  • ◆入場時間/9:00~16:00(12月~3月は9:00~16:30)
  • ◆休館日/年末年始
公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

新発田城(国指定重要文化財)、新発田城址公園

新発田城は、別名「あやめ城」とも呼ばれ、初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が慶長3年(1598年)に築城し、3代宣直(のぶなお)侯のときに完成しました。新発田城は一般に多くある山城とちがって、政治・経済の中心として交通の便利さを考え、平地につくった平城です。

  • ◆入場料/無料
  • ◆開門時間/9:00~17:00(11月のみ9:00~16:30)
  • ◆閉館期間/4月~11月
公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

清水園(国指定名勝)

清水園は、溝口家の下屋敷として造られ、清水谷御殿とも呼ばれていたそうです。広さが15,200平方メートル、幕府の庭方の県宗智を招き造られ、近江八景をとり入れた純京都風で、中央に草書体の「水」の字をかたどった大泉池のある回遊式庭園です。

  • ◆入園料/大人700円(団体600円)、小・中学生300円(団体250円)
  • ◆開園時間/9:00~17:00(11月~3月は9:00~16:30)
  • ◆休館日/年末、1~2月の水曜日
公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

北方文化博物館

明治から昭和にかけて隆盛を極めた豪農・伊東家の邸宅。8,000坪の敷地内に建つ施設は、部屋数が何と65もある。戦後初の私立博物館となり、歴代当主の美術コレクションを展示した集古館、考古資料館、美しい回遊式庭園など壮麗な見所が随所にある。

  • ◆入館料/大人800円(団体700円)、小・中学生400円(団体300円)
  • ◆開館時間/9:00~17:00(11月~3月は9:00~16:30)
  • ◆休館日/年中無休
公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

新潟市歴史博物館みなとぴあ

国の重要文化財の旧新潟税関庁舎や、昭和2年建築の旧第四銀行住吉町支店など、歴史的な建物が集う情緒あふれる空間です。毎日22時までライトアップされ、夜は幻想的な雰囲気になります。

  • ◆入館料/大人300円(団体240円)、大・高校生200円(160円)、小・中学生100円(団体80円)
  • ◆開館時間/9:00~18:00(10月~3月は9:00~17:00)
  • ◆休館日/月曜日、祝日の翌日、年末年始
公式HP
MAPで位置を確認

line



自然・名所

施設イメージ

瓢湖の白鳥

11月下旬頃のピーク時には5,000羽を超える白鳥が飛来します。100円で餌を販売しております。3月末まで瓢湖観察所を開設。春は湖畔の桜並木、初夏にはあやめ園、夏の蓮、秋のコスモスと、一年を通じて楽しめます。

  • ◆営業時間/9:00~16:00
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

五泉市チューリップ畑

五泉は、県内でも有数のチューリップの産地です。このチューリップを出荷するだけでなく見て楽しんでもらおうと、市では生産者に依頼してチューリップの畑を巣本地区の1ヶ所に集め、チューリップまつりを開催しています。

  • ◆期間/毎年4月中旬~4月上旬
公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

五十公野公園あやめ園

五十公野公園の「升潟」の小道を奥へ歩いていくと、一面に広がるあやめ(花菖蒲)の花畑。見頃の時期になると300品種、60万本のあやめ(花菖蒲)があなたを出迎えます。

  • ◆期間/毎年6月中旬~7月上旬
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

福島潟

五頭連峰を映す湖面、四季折々の新潟の原風景を今に残しています。はるばるロシアから2千数百キロの旅をして、福島潟へ越冬のため飛来する国の天然記念物オオヒシクイの日本一の越冬地で、220種以上の野鳥が確認されています。

  • ◆期間/毎年9月下旬~3月上旬
公式HP
MAPで位置を確認

line



レジャー・娯楽施設

施設イメージ

サントピアワールド

25種類のアトラクションは県内屈指の楽しさ!日本海まで一望できる、大観覧車がシンボリックなアミューズメントパークになっています。

  • ◆入園料/大人1,000円、子供500円
  • ◆営業時間/土日祝、GW、夏休みは9:00~17:00(平日、11月は10:00~16:00)
  • ◆休園日/木曜日
公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

マリンピア日本海

展示生物は約450種2万点という日本海最大級の水族館がマリンピア日本海です。総水量 約800トンの日本海最大水槽の底に設けられたマリントンネルからは、サメやエイ、ブリ、タイなどの魚が頭上を泳ぎ、まるで海底を散歩しているような気分が味わえます。※現在リニューアル工事中 2013年7月オープン予定

  • ◆入園料/大人1,500円、子供600円
  • ◆営業時間/9:00~17:00(7月25日~8月31日は10:00~18:00)
  • ◆休園日/年末年始、3月第一木曜とその翌日
公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

阿賀野川ライン船下り

阿賀野川は、早くから河川交通が栄え、江戸時代には、津川湊から新潟湊までの約70kmを舟で往来する水運ルートが「津川船道」として開けた川で、阿賀野川船下りはその軌跡をたどるとともに日本百景のひとつに数えられる渓谷美を堪能しながら下る船旅です。道の駅阿賀の里よりライン下りが楽しめます。

  • ◆施設名/道の駅「阿賀の里」
  • ◆営業時間/9:00~17:00(12月~3月は9:00~16:00)
  • ◆ライン船下り料金/大人2,000円、子供1,000円、幼児無料
  • ◆ライン船下り運行時間/10:00~15:00 の約40分
公式HP
MAPで位置を確認

line



グルメ・ショッピング

施設イメージ

新潟ふるさと村 新潟市

「新潟ふるさと村」は新潟の見たい、知りたい、食べたいをギッシリ満載した観光と物産のプレゼンテーション施設です。「B級グルメ横町」がオープンし、新潟のB級グルメを食べることが出来ます。

  • ◆営業時間/アピール館 9:00~17:00、バザール館 9:00~17:30
公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

ときめきラーメン万代島(朱鷺メッセ)

県内外から多くの人が訪れる「朱鷺メッセ」や「佐渡汽船」に隣接するラーメンの複合施設。老舗から新しい店まで、新潟県内の個性豊かな8つのラーメン店がそろう。

  • ◆営業時間/11:00~21:00(スープが無くなり次第終了)
  • ◆定休日/年中無休
公式HP
MAPで位置を確認

line

食べ物イメージ

へぎそば

へぎそばとはつなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った新潟県魚沼地方発祥のそばです。へぎと呼ばれる杉板で出来た四角い箱に載せて食されることから「へぎそば」と呼ばれるようになりました。なめらかなのどごしと、シコシコ歯ごたえのある食感が、そば通から愛されているそばは、江戸時代後期から食されるようになったと言われています。


line

施設イメージ

新潟せんべい王国

新潟県が全国一の米菓生産地に発展した歴史を紹介する情報スペースや、熱々おせんべいを手軽にせんべいの手焼きが体験できる体験コーナーなどがあります。

  • ◆入場料/無料
  • ◆営業時間/9:00~17:00
  • ◆定休日/年中無休
公式HP
MAPで位置を確認

line



ゴルフ

施設イメージ

フォレストカントリー倶楽部~ゲイリープレイヤー会心の設計~ 新発田市

世界最大のグリーン(3,075m2):世界最大を誇るこのグリーンはその大きさだけでなくグリーンの構造と、十分なメンテナンスによる完成度の高い仕上がりがプロ、アマ問わず高い評価を受けています。

公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

中峰ゴルフ倶楽部 新発田市

低い弾道で放たれたティーショットは、広々としたフェアウェイを気持ちよくランしていく。コースとの知恵くらべが始まる。自然環境保全地域を囲むように、大胆に美しくレイアウトされた18ホールズ。自然が挑戦的に迫ってきたり、やさしくほほえんだり、「中峰」とのかけひきがいよいよ面白くなってくる。

公式HP
MAPで位置を確認

line

施設イメージ

新発田城カントリー倶楽部 新発田市

伝統と新鮮の調和した戦略的コースなどさまざまなコースがございます。 キャディ付きかセルフの選択制。5人乗り乗用カート使用。1組4人が原則だが、状況によりツーサムも可能です。

  • ◆定休日/年末年始
公式HP
MAPで位置を確認

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでの予約・お問い合わせ
  • ご宿泊プラン

トップに戻る